借金だらけになってやっとわかった

以前は贅沢三昧していました。ブランド品をカードで買い漁り、支払いはリボ。毎月数万円の引き落としは結構生活に響いていたのに、また買物を繰り返し、とうとうカードローンで借り、それでも追いつかなくなっておまとめローンで一本化し、それでも支払いができないと多重債務でも借りられるところで借りて・・・ということを繰り返していました。しかしやっと自己破産することができ、今では禁治産者なのかな?今では毎日10円貯金をしています。ホント、こんな金額しか手元に残らなくて。これからはムダ遣いせずにコツコツやっていきます。

バイトの頃の給料日の話

学生の頃、バイトをしながら生活していた時の話です。私は、給料日必ずやっていた行動があります。まずは、朝一にATMに行って給料の確認をしてから学校に行きました。学校に行ってから、その月の支出を計算して使えるお金を計算して出していました。それだけは、授業そっちのけでやっていました。そして、放課後にまたATMに行ってお金を下ろします。おろしたお金のなかから、一万円だけを自分へのご褒美として好きに使っていいとしていました。(生活費は、また別に寄せていました。)どういうものに使ったかというと、漫画や小説、おしゃれなカフェめぐり、バイキングなどといったものに消えていきました。

袋分けでやりくり

雑誌の節約企画などでよく見かける方法ですが、お金を費目ごとに袋分けして予算管理をするのが私には向いています。家計簿をつけてしっかり予算管理・振り返りをするのが望ましいと思いますが、私は家計簿をつけるのが続きませんでした。○○費○円と封筒にお金を分けていくことで、使ってもよい金額の残額が常にわかるようになり、使いすぎということがなくなりました。また、貯金も先にしてしまい残った金額で生活をする、と決めるというシンプルなことも大事だと思います。

倍になる店舗で利用する

ポイント二倍や三倍など、倍になる日にまとめて買い物をします。特に高い値がつくもの(ビール一ケースやコンタクト用品など)はその日に買います。それ以外の日はこまごまとしたものだけを買います。クレジットカードもポイントが加算されるものに変えました。例えば提携先のガソリンスタンドでそのクレジットカードを使えば、ポイントが二倍になります。そのためそれ以外のガソリンスタンドでは利用しないようにしています。これでかなりポイントが溜められました。

物欲が湧き出る夏

夏が来た。いや、まだ梅雨の真っただ中だけど、もう夏に向けて色んなモノが欲しくてたまらない。僕はホンダの400Xに乗っている。なので夏用のライダージャケットは必須だ。2シーズンは持ってほしかったが、去年だけでボロボロになってしまい、今年はまた新しいものが欲しい。ボーナスが入ったらすぐに買いに行こうと思う。梅雨が明けたら北海道にツーリングに行こう!その前に、仕事を辞めないと北海道には行けないことに気づいた。無職借入できる金融機関はあるみたいだし、借りていくか。貯金?ない。

NSX2016が欲しい

NSX2016が出ましたが、これが欲しくて仕方ないです。値段は2,000万円を超えます。こんな金額、とてもとても用意できるものではありません。でも欲しい!こんな高級車をローンで買う人っているんでしょうかね・・。高級車は金持ちが買うと相場が決まっているので、そもそもローンで買うこと自体がダサいというか恥ずかしいと思うんです。

この車で、もし事故った場合、事故車買取に出したら、一体いくらの査定額がつくのか気になるところですね。ボディーが軽いので事故ったらひとたまりもないでしょうけど。でもエンジンとか足回りの部品は海外では重宝されているようなので、バラして売っても高く売れるでしょうね。

ネットでのクレジットカード作成

私は先日インターネットでイオン系のクレジットカードを作りました。手続きは簡単でした。免許証などの本人確認書類も写真を貼付してメールで送るだけでした。私はパートなので、収入が少ないのですが、そんなこともおかまいなしで、カードがすぐ届きました。こんなに簡単にカードが作れてしまう時代になったのかとびっくりしてしまいました。支払いの滞りがなければカードはすぐに作れるのでしょうが、ブラックリストなどに載っている人はなかなか難しいのかもしれません。

カードを作ったのはいいのですが、引き落としで数字が減るのは何か嫌ですね。私は物欲が結構あって、特にジャニーズグッズにはすぐに飛びついてしまいます。今まではカードを持っていなかったので、通販では何も買ったことがありませんが、今回から買えるようになるのでちょっと不安です。

物の見方や考え方を変えるそれだけでお金は貯まる

とにかくお金を使わないことです。そのためには、欲を断ち切ります。そうすれば、ほしいものは必然となくなります。人間の大半の物はいらないもので、欲によって作られたものだからです。欲で作られた物は欲によって買われます。その欲を断ち切るには、動物達のように、生きてく上で必要な物だけをみいだします。しだいに物の価値がなくなっていき、お金はつかいません。物の見方や考え方を変える、それが自分の貯金する工夫です。

貯金は楽しむもの!

こつこつ、少しずつですが、貯金をしています。特にそれを苦しいと思ったことはありません。自分で工夫して、それがちょっとずつお金になって増えていくことはとても楽しいことです。私が工夫していることは、家の電化製品のコンセントを使わない時には引っこ抜く、お弁当や飲み物は外で買わないで家から持って行く、何か購入するときはインターネットでいろんなお店の料金を比較して一番安い場所で購入する、不用品は捨ててしまうのではなく、売れるかどうか試してみる、ということです。節約は苦しみながらやると続かないかもしれません。楽しみながら節約できると長続きすると思います!

無理のない金額で長く貯金する 

ぬりのない金額たとえば1万円前後でちょきを始める事が良いと思います。しかもそれを長期にやることです。わずかな額でも毎月コツコツと貯めいくと、数年後には思はぬ額になっています。勤め人なら給与から天引きになる財形貯蓄をするのもいいとおもいます。給与から天引きになるともらった金額の範囲でしか支出できないので、給与の使い残りのを貯金するよりしやすくなります。また最初から貯金する学をきめて預貯金するといいと思います。これも先に書いたのと同じ理由からです。